イタリアの新婚旅行で行き先選びに迷った人向けにポンペイ遺跡の見所を書いた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポンペイ遺跡サムネイル

キコリ
こんにちは、洗濯係のキコリ(@shibayakikori)です。

今回は、イタリアに新婚旅行で訪れた時にオプショナルツアーで観光したイタリア南部「ポンペイ遺跡」の見所を書きました!

スポンサーリンク

ポンペイ遺跡の位置関係

ポンペイ遺跡はイタリア南部に位置しています。周辺には青の洞窟で有名なカプリ島に続く港町「ナポリ」、ユネスコの世界遺産にも登録された美しい景観のアマルフィ海岸などがあります。人気の観光エリアということもあり、各社ツアーには「ナポリ・ポンペイ」を周遊するプランが豊富に用意されています。

ポンペイ遺跡とは

ポンペイ遺跡

歴史が詰まっているような石柱が沢山ありました

大噴火によって失われた高度な文明都市

キコリ
ポンペイ遺跡って聞いたことあった?
う~ん、知らんかった。でも世界遺産って見てみたいよな

ポンペイ遺跡は、紀元79年のヴェスヴィオ山の大噴火によって全て灰に覆われてしまった古代都市の遺跡です。その昔、多様な文化を取り込みながら文明を発展させており、当時は首都ローマに劣らない程繁栄していたと言われております。

1700年代に発掘され、壁画や当時の浴場などが発見されたことでその高度な文明の姿が見えてきました。その後、1997年に考古学遺産として貴重なものであることが認められユネスコの世界遺産に登録されました。

ポンペイ遺跡の基本情報
▼開館時間
:08:30-19:30(11月-3月は17時閉館)
▼定休日 :なし
▼入場料金:11ユーロ(訪れた当時は1,300円くらい)
公式サイトhttp://pompeiisites.org/en/
キコリ
入場は閉館の1時間30分前までなのでぎりぎりの時間に行く方はご注意を!
キコリ
公式サイトは日本語に対応しているから事前に確認しておくよいいよ

ポンペイ遺跡の公式サイトはこちら

Timetables, tickets, map and guide to the excavations of the official Pompeii Archaeological Site, Boscoreale, Oplontis, Stabiae, Longola

ポンペイ遺跡の見所

ポンペイ遺跡は世界遺産に登録された歴史的に大変貴重な遺跡です。

歴史を勉強してからいくと確かに色々理解が深まっていいよね
キコリ
でも新婚旅行の準備で結構忙しい…

とはいえ、新婚旅行で回る場所の歴史的な背景をすべて網羅して回るのは一苦労。

ということで、まずはポンペイ遺跡の素晴らしい景観を探してみるのがイイかもしれませんね。

29 Likes, 0 Comments - Daniela Cristea (@i.daniela.cristea) on Instagram: “The ruins of the city of Pompeii with Mount Vesuvius in the background. * In AD 79, t...

Instagramで「#pompei」とハッシュタグ検索してみると上記のような素敵な写真を見ることができます。

あー、一枚目の場所通ったな
キコリ
石畳が特徴的なアッボンダンツァ通りじゃないかな
ポンペイ遺跡の見どころ

Instagramで ハッシュタグ #pompei で検索。

今回利用したツアー

みゅうのバスツアー

私たちは、旅行代理店にてホテルや航空券、都市間の高速鉄道に加えて「オプショナルツアー」を手配しました。

ツアー全体の感想や流れは別途記事を書いたので、ご覧ください。

キコリ
みゅうのバスツアーだと、ポンペイ観光とナポリの港町をバスで回るよ
今回は、新婚旅行でローマ滞在中に組み込んだバスツアー「秘儀荘も行く!ナポリ、ポンペイ1日観光 昼食付き byみゅう」の内容についてご紹介...

ポンペイ遺跡の入場料

個人手配でポンペイ遺跡を見学する場合、通常時の入場料は11ユーロ(当時のレートで約1,300円)でした。

現在の料金は公式ホームページを必ずご確認ください!

今回私達は新婚旅行全体は個人手配で行いました。ただ、こちらのナポリ・ポンペイ遺跡の観光については、後でオプションツアーで観光することにしました。

個人手配なので、旅行日程を計画中全部を決めるのが大変だったので、「この日はバスツアーで巡っちゃおう!」と楽することにしたよ

ナポリ・ポンペイ遺跡をめぐるこのツアーの料金は一人当たり18,610円でした。

ツアーなのでローマからナポリへの移動手段や各種観光箇所の切符の購入など全てガイドさんが行ってくれるので、かなり楽でした。

ポンペイ遺跡の観光にかかったお金

個人手配だと入場料1,300円くらい
ツアーに組み込むと全部込みで18,000円くらい

観光にかかる所要時間

今回はガイドさんと共に要所をかいつまんで観光しました。

ポンペイ遺跡入り口に到着してから遺跡の中を抜け、秘儀荘を見学するルートでした。

ポンペイ遺跡公式サイトのガイドマップダウンロード先はこちらです。

Download the map and the mini guide of the site you want to visit!   Pompeii  Download the new map (Edition 2019) New guide Italiano  English  Español Français ...

ポンペイ遺跡公式サイトでは、ガイドブックを全編日本語で全148ページに渡る大ボリュームで公開してあります。

http://pompeiisites.org/wp-content/uploads/Pompeii_JA.pdf

出典:ポンペイ遺跡公式サイト

これを読んでいけばもはやガイドいらんやろ
キコリ
ツアーで遺跡を見て回るのに2時間程かかりました!
解説受けながらぐるりと回ったけど、見足りないことはなかったかも。
キコリ
個人手配の場合も2~3時間あればじっくり見られるんじゃないかな!

ポンペイ遺跡観光の流れ

それでは、実際にツアーでポンペイ遺跡を見て回った内容ご紹介します。

ポンペイ遺跡観光の流れ
  • 11:00
    ポンペイ遺跡到着
    入口でガイドさんと入場
  • 11:10
    展示室
    遺跡から発掘された展示物を鑑賞
  • 11:30
    フォロ
    広場に時代を感じる遺跡並びます
  • 11:45
    アッボンダンツァ通り
    石畳や水道が今も残る大通り
  • 12:10
    お風呂屋さん
    テルマエ・ロマエの世界観がそこに!
  • 12:20
    娼館
    図解で示す工夫と歴史が垣間見える
  • 12:40
    秘儀荘
    本日のおおとり秘儀荘の壁画
キコリ
ポンペイ遺跡をガイドさんとともに2時間程度見て回りました

11:00 ポンペイ遺跡入場

ポンペイ遺跡入口

ポンペイ遺跡に到着後、ガイドさんに連れられて遺跡入口チケットやガイドブックを受け取ります。

キコリ
いよいよ遺跡の中に!
ローマから遠かった~

11:10 展示室

ポンペイ遺跡展示室

入口を進んですぐにポンペイ遺跡を発掘中に発見された品物が展示される”展示室”を見ました。室内には、ポンペイの当時の様子などが再現された映像などもあり、これから目にする遺跡群の当時の様子などを想起できるような感じでした。

キコリ
展示室は英語で説明の表記があったけど、ガイドさんがいたので展示物がどんな経緯で発掘されたのかなどが分かったよ

11:30 フォロ(公共広場)

展示室を後にした一行は、アポロ神殿を横目にフォロと呼ばれる当時の公共広場を見て回りました。

ポンペイ遺跡 フォロ

Goproで撮ると分かるけど、広場は結構な広さです

ポンペイ遺跡 フォロ

歴史を感じる遺跡

ポンペイ遺跡 フォロ

ポンペイ遺跡にはエリアごとに標識があるのでもらえるガイドと合わせてみると良いよ

キコリ
フォロでの見学は10分くらいだったよ
ガイドさんいわく雨が降るとポンペイ遺跡の観光はちょっとつらいらしい
キコリ
雨をよけるところが全然ない!

この日は雲行きが怪しく雨が降ったり降らなかったりでした。幸い降った時でも小雨程度でしたので、観光には支障はありませんでした。

ポンペイ遺跡は雨をしのぐ場所がないので折り畳み傘雨具は必須

11:45 アッボンダンツァ通り

アッボンダンツァ通り

遺跡群を進んでいくと石畳が特徴的な大通りに出ます。東西に通る大通り沿いには、当時商店や旅人たちのお宿などが立ち並んだ繁華街だったそうです。

キコリ
区画整理されたように綺麗に遺跡が立ち並んでいたよ
遺跡の中に今でも使える水道があるのが凄い!
キコリ
当時から高度な文明が栄えていたんだろうね

12:10 お風呂屋さん

20190926_ポンペイ遺跡お風呂場anigif

ポンペイの街には公共浴場があったことが分かっています。「スタビアーネ浴場」は、ポンペイで最大の公共浴場の遺跡で、男湯や女湯、脱衣場が合ったことが調査の結果分かっているそうです。

スーパー銭湯にこんな形の浴槽あるよな
キコリ
テルマエ・ロマエの世界観がそこにはあった!

12:20 娼館

ポンペイ_娼館

いつの世も繁華街にある“夜のお店”は古代のポンペイにもあったみたいです。

ガイドさんいわく、海外から来た言葉が通じない旅人でも分かるよう、「絵」でそういったいかがわしいお店ですってことを伝える工夫がされているとのことでした。

昔の人の工夫が凄いな
キコリ
多言語対応なんですな(笑)

12:40 秘儀荘

ポンペイの遺跡群から少し離れたところに“ディオニュソス秘儀の図”が描かれた秘儀荘があります。秘儀荘の壁画はポンペイエリア最大の見どころです。

キコリ
バスツアーのタイトルでも「秘儀荘も行く!」ってうたっているくらいですからね

そして壁画がこちらです。

ポンペイ 秘儀荘

加工一切なしでこの見事なカラーリング

ポンペイ遺跡 秘儀荘

部屋一面が壁画になっていてとても大きい!

20190930_ポンペイ_秘儀荘08

Goproで撮ると壁面のサイズがよくわかります

壁画に書かれた図は、かつて信仰されていたディオニュソス信仰の入信の儀式の様子を描いてるそうです。

公には禁じられていた秘境だったそうですが、ポンペイの民には人気だそうで入信する人が絶えなかったそうです。

キコリ
世界遺産のポンペイ遺跡が見れて良かった!
よっぽどのことがないと2度と来れないからな(笑)

ポンペイ遺跡のお土産

ポンペイ遺跡 お土産

秘儀荘を見終わり、ポンペイ遺跡の出口には、小さいですがお土産屋さんもありました。

海外旅行ではよく見られる手ごろなマグネットや壁画の写真集などが売られておりました。

キコリ
ポンペイ遺跡の娼館がモチーフになった”男と女の図”なんかもあるね!(笑)
おもろいもん結構あったで
キコリ
マグネットは1~3ユーロくらいで買えるからお手頃です

ポンペイ遺跡まとめ

いかがでしたでしょうか。世界遺産のポンペイ遺跡をみゅうのバスツアーで回った時の様子でした。

振り返りとなりますが、ポンペイ遺跡の基本情報はこちらです。

ポンペイ遺跡の基本情報
▼開館時間
:08:30-19:30(11月-3月は17時閉館)
▼定休日 :なし
▼入場料金:11ユーロ(訪れた当時は1,300円くらい)
公式サイトhttp://pompeiisites.org/en/

また、観光に際して注意事項としては以下の通りです。

ポンペイ遺跡観光時の持ち物
遺跡の中は建物がなく、日差しや雨をしのぐ場所が一切ありません!
・夏場は日傘や帽子
・雨の日対策には折り畳み傘や雨具
・長時間石畳など歩くので歩きやすい靴
キコリ
僕たちも小雨が降ったけど、折り畳み傘とマウンテンパーカーで乗り切ったよ
あんたが雨男やからな

以上、みゅうのバスツアーで訪れたポンペイ遺跡の見所のご紹介でした!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
20代SE。新潟-青森を経て都内在住。 引越3日前に1人の女性に惹かれ大阪-東京で遠距離恋愛。 出会って1年で結婚後、初めての共同生活。 姉さん女房と仲良く暮らしています。 ブログには結婚や引越などの体験談と共に日々の気づきを綴っています。 写真、動画編集が好きです。