【少人数】「親族だけの結婚式」に至った経緯をまとめた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、洗濯係のキコリ(@shibayakikori)です。

今回は私たちが挙げた「親族だけの結婚式」についての記事です。

結婚式を挙げるにあたって考えたことや私たちが親族だけの結婚式を挙げるに至った経緯をまとめました。

スポンサーリンク

親族だけの結婚式とは

当初の”結婚式”感

みなさん結婚式ってどんなイメージをお持ちでしたでしょうか?

純白のドレス
キコリ
ケーキ入刀
花嫁の手紙で両親号泣
キコリ
あるある

私は親戚などの結婚式もなかったので、中学生の頃に兄の結婚式に参加したっきりで、結婚式とは程遠い暮らしでした。

キコリ
中学生の頃なんて、自分がするならあーしよう、こうしようなんて観点で見てないので肝心なところを覚えていない

ですので、結婚式の雰囲気や形式って全然気にしたことがなかったんですよね。

なので自分たちの結婚式のイメージを膨らませようとした時に、結局どんな風な結婚式にしたいのかってところがぼやっとしていました。

そうそうそんな感じだよ結婚式って。

20代後半に入ってからようやく他人の結婚式に呼ばれるようにもなりました。

学生時代の友人たちの結婚式に友人として参加してみて、結婚式のイメージが少しずつ湧いてきました。

キコリ
お父さんと花嫁が一緒に入場して
キコリ
友人たちがハァァァってなって
キコリ
披露宴の友人たちの余興で笑って
キコリ
友人代表のスピーチで涙して
キコリ
花嫁からの手紙でお父さんお母さん泣いちゃう

これまで出席した結婚式はどれ1つとし同じものはなく、素敵な結婚式でとても参考になりました。

いくつか結婚式を経験してみて、こういう演出が結婚式だよねと、自然に私の中の”一般的”な結婚式像が出来上がったと感じています。

私たちが親族だけの結婚式を挙げるに至った経緯

ポイントは3つありました。

POINT▼両家の地元が離れている
▼アットホームな式にしたい
▼友達と家族の披露の場を分けたい

両家の地元が離れている

私たちは夫婦ともに都内在住ですが、私と妻の実家は新潟県と兵庫県でお互いかなり離れていました

本来、新郎新婦の親族・友人たちゲストに来てもらうのであれば、双方アクセスのよい東京で挙行するのが良かったでしょう。

ただ、私の母や親族が高齢で身体が不自由なこともあり、東京で行うのは少し難しい状況でした。

両家の両親とも相談の上、両親・親族の状況を考えて、新婦側親族に新潟に来ていただいて挙式をすることにしました。

キコリ
その節は新婦側ご家族に遠いところ来ていただいてありがとうございました
温泉旅行も兼ねて新潟来たよ(にっこり)

新潟で結婚式を挙げる”となったことで、友人らゲストを招く会は別に設けようと決めました。

キコリ
新婦側は主に関西から、新郎側は東北・北海道方面からのゲストも居るので、新潟に呼ぶのは少しためらいました。苦笑
アクセスがよくなーい!

アットホームな式にしたい

結婚式場やプラン探しをしていると、よく検索ワードや選択肢の中に「アットホームな雰囲気」という言葉を見かけます。

アットホームってなに?

私もそんなやり取りを妻とした気がします。

アットホーム

自分の家にいるようにくつろげるさま。家庭的。

出典:デジタル大辞泉|コトバンク

「くつろいだ」「緊張しない」「ほんわかした」感じの雰囲気のことをアットホームと指すようです。

アットホームええやん
キコリ
アットホームいいなぁ

よく結婚式ではお世話になった職場の上司や古い付き合いの友人らを招くことがあります。

スピーチや余興を通して、職場の働きぶりや友人らしか分からない新郎新婦の人柄を家族たちが知る機会になるでしょう。

私が親の立場なら、それはとても嬉しかったり、誇らしかったりすると思います。

その反面、ゲストを招くと失礼のないよう緊張しちゃいますよね。どこの結婚式でも両家の両親はとても緊張していると思います。

キコリ
この前出席した結婚式ではスピーチで声が震えてるお父さんもいたなぁ
親もお酒注ぎに行ったり少なからず大変さはある

私達は、出席する家族・親族には、緊張してかしこまった雰囲気よりも、和気あいあいとして、まさしく”アットホーム”な中で参加してほしいと思っていました。

両家の親睦の場

また、新郎新婦の実家が離れていることもあって、挙式前に両家の顔合わせなども難しく、実際に両家が対面したのは結婚式の時が初めてでした。そんなこともあって、両家の家族が直接対面して話す時間をたくさん用意したい想いがありました。

ま、うちの家族は普段はそんな親戚付き合いとか深くない方やけどな
キコリ
うちの家族はサービス精神旺盛というか何かとモノ送ったりしたいタイプ
キコリ
本当はうちの両親も、新婦のご家族にご挨拶を兼ねて関西に行きたかったんだろうけど、身体的に難しかったから、披露宴の中で少しでも話せればいいなって。だから、雰囲気もリラックス重視でやりたかったかな
実際、挙式・披露宴ともに緊張感はなかったな(笑)親戚同士でちょっと集まった会みたいな。

友達と家族の披露の場を分けたい

私達は、“親族のみの結婚式”“友人たちのみの1.5次会”でそれぞれ別に結婚披露宴の場を分けて開催しました。

友人たちだけの1.5次会に関する記事はこちらです。

今回は、私達が友人たちを招いて開いた「1.5次会」スタイルの結婚披露宴についてのご紹介をします。新郎新婦側は、結婚式と1.5次会を分けて行う場合、準備が2回分となって大変かもしれませんが、それぞれのゲストの方とは、じっくり話す時間を取ることが出来る方法です。

その理由としては、前述したように親族のみでアットホームな結婚式を開きたかったことの他に、友人たちには友人たちで目一杯気を遣わずに楽しんでもらいたい、友人たちゲストが楽しんでもらえる演出を沢山盛り込みたいと思ったからです。

キコリ
招く友人たちはほとんどが高校・大学の同級生、社会人のサークルの繋がりなどの20代後半の同世代でした
せっかくだからゲスト同士が交流できて仲良くなれるようなゲームとか取り入れたりね
キコリ
なかなか両親・親族・職場の上司とかいる中で、全体を巻き込んでゲームするのも大変だもんね
カチコチな雰囲気でゲームとかそれこそ気を遣っちゃう

ゲスト同士もみな同世代ということもあり、私たちもほとんど緊張しませんでした。

それなりに準備は大変ですが、親族・友人で披露宴を分けたことでそれぞれの時間を目一杯楽しめた感触があります。

そして親族だけの結婚式を挙げました

親族だけの結婚式の流れはこちらの記事にまとめました。

良かったら見てみてください。

こんにちは、洗濯係のキコリ(@shibayakikori)です。 今回は私たちが挙げた「親族だけの結婚式」を振り返って記事にしてみました。...

【見解】こんな人向き“親族だけの結婚式”

家族・親族に配慮がいる

私たちもそうでしたが、ご家族や親族に配慮がいる場合は、親族だけの結婚式だとやり易いと思います。

私たちの場合も、親族が高齢で身体が不自由だったり、立ち座りが大変そうでした。そのため会食形式の披露宴では、新郎新婦がゲストの席に出向いて話をしたり、写真を撮ったりすることにしていました。

普段遠方に暮らしているので、結婚式の機会に新婦新婦と両家ご家族・親族とが親睦を深められるような会になったと思います。

キコリ
新郎新婦の高砂とかも準備しないで同じテーブルで会食したよ
ゲストとも近い距離でじっくりって感じやな
写真見返して思ったけど、途中姪っ子寝とったなw
キコリ
朝早かったから会食中途中で寝ちゃったね(笑)でも親族だけだったから全然気にならなかったし、兄夫婦も楽そうだったよ

招きたい友人たちゲストが多い

結婚式に招きたい友人ゲストがあまりに多い場合、何かと準備が大変になります。

大人数収容できる結婚式・披露宴会場の手配や引出物等の準備、御挨拶を誰にお願いするのか、席次をどうするのかなど、人数が増えれば考慮することも増えます。

なので、友人たちゲストが多い場合、親族だけの結婚式や海外挙式を済ませ、友人たちを招く披露宴パーティーを別に行うなど、分けて考えるのも一案だと思います。

キコリ
個人的には1.5次回形式の友人たちとの披露宴パーティーをやってみてとても満足だったので、オススメしたいです!
理想の結婚式象が具体的な方、そうでもない方、さっぱり浮かばない方といらっしゃるかと思います。 今回はそんな方に悩める新郎新婦に向けて、私たちが挙げた1.5次会の流れや演出をご紹介して「こんな感じもありなんだ」と、参考になればと思います。
今回は、親族との結婚式後に行った「1.5次会」で取り入れた演出についてご紹介したいと思います。ブーケブートニアを用いたブーケセレモニー、プチ人前式、新郎新婦クイズ、おかしブーケトスをやってみて分かったことを書いてます。

予算が限られているけど式は挙げたい

『結婚式はお金がかかる。』そんなイメージがまだまだありますよね。経済的な理由が結婚式を挙げない理由の1つになっていることも多いようです。“お金はかかるけれど、それでも結婚式はあげたい”という気持ちがあるなら諦めない方が良いかなと思います。

「結婚式」って、挙げる?挙げない? 実際どれくらいのカップルが結婚式をしているのか、「挙げた人」「挙げなかった人」の理由や意見はどういうものなのか、先輩カップルの声をご紹介します。迷っているカップルは、ぜひ参考にしてくださいね!
キコリ
僕も最初は漠然と”お金”がかかるって思ってた。少し調べてみたらやっぱり300万とか400万とかかかるものもあるな~とか少し面喰っちゃったよね
男は婚約指輪も準備したりするからな~
キコリ
お金がある程度は必要だったり…。
でもまぁお互い良ければええやん?、そこには十人十色の答えがあると思うで
少人数向けの結婚式プランという選択

今でこそ、結婚式も多様化してきて少人数向けのリーズナブルなプランも充実してきました。

家族や親族を中心とした少人数の結婚式特集です。ゲストとの距離感が近く、会場に広がるアットホーム感が魅力。気になる会場は、早めにブライダルフェア予約をして見学してみてくださいね。迷ったら「ウエディングデスク」で無料相談も利用してみてくださいね!

私達も親族含め総勢20名程の結婚式・披露宴を行いました。費用の面で言えば、大勢のゲストを招待して結婚式を行うより安くなりました。その分、新婚旅行を充実させるような形になりました。予算を押さえて結婚式をあげられる時代になってきているので、プランナーさんに相談してみてくださいね。

私達が経験した結婚に関するイベントの費用感はこちらにまとめました。

結婚式や新婚旅行はやりたいけれど、実際のところどれくらいお金がかかるのだろう? そんなことが気になるに新婚さん、カップル向けの記事を書きました。 この記事は5分くらいで「私たちの結婚式にいくらかかったのか」「私達の新婚旅行にいくらかかったのか」「結婚式・新婚旅行の予算の考え方」を紹介する内容です。

以上、私達が「親族だけの結婚式」に至った経緯をまとめみた!でした。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
20代SE。新潟-青森を経て都内在住。 引越3日前に1人の女性に惹かれ大阪-東京で遠距離恋愛。 出会って1年で結婚後、初めての共同生活。 姉さん女房と仲良く暮らしています。 ブログには結婚や引越などの体験談と共に日々の気づきを綴っています。 写真、動画編集が好きです。