私(28歳男性会社員)が上司に「育休を申請するな」と言われた理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子会社員が育休を申請するなと上司に言われた

キコリ
こんにちは、新米パパのキコリ(@shibayakikori)です。

2019年9月に待望の第1子が生まれ、仕事と育児について真剣に考える機会がありました。今回は私(当時28歳男性会社員)が会社で育児休業(以下、育休)の相談をした際に上司と話した内容に基づいて、男性会社員だからこそ悩む「仕事と育児」の考え方について書きました。

スポンサーリンク

育休を取ろうと思った理由

私が育休を取ろうと思った理由は主に3つありました。

育休を取ろうと思った理由

1.産後のママには休養が必要。パパの物理的なサポートがいると思ったから。
2.育休は自分のため。赤ちゃんと過ごす貴重な時間であると認識したから
3.会社と上手く折り合いがついたから

なぜ育休を取ることを決意したのか、その私の心境の変化については、別途記事にまとめましたので併せてご覧いただければと思います。育休を取るか悩んでいるパパにはぜひ読んでもらいたいです。

こちらのが育休取得理由の記事です

2019年9月に待望の第1子が生まれました!"仕事と育児"という昔から多くの議論が語られてきたテーマではありますが、今回は私(当時2...

会社の上司に育児休職を相談する前にやったこと

会社イメージ

さて、私が育休を取ろうと思い立ってから何をしたかというと、グーグル先生に聞いてみました。

その結果まずは会社の就業規則を見てみましょうということでした。

その理由としては、育児休職にあたり「いつまでにどんな手続きが必要か」は各会社が定める就業規則に準拠することになるためです。世間一般的な会社であれば、厚生労働省のガイドラインにそって自社の就業規則に休職規定や手続き方を定めているかと思います。

(育児休業の申出の手続等)
第 3 条
1 育児休業をすることを希望する従業員は、原則として育児休業を開始しようとする日(以下「育児休業開始予定日」という。)の1か月前(第2条第3項及び第4項(ケース②、③の場合は、第4項及び第5項)に基づく1歳及び1歳6か月を超える休業の場合は、2週間前)までに育児休業申出書(社内様式1)を人事部労務課に提出することにより申し出るものとする。
出典:厚生労働省|育児・介護休業等に関する規則の規定例

キコリ
厚生労働省のガイドラインには、育休を取得する1か月前に申請書を会社に出そうねってことだね

実際に私の会社の就業規則を見てみましたが、厚生労働省のガイドラインにほぼほぼ準じた1か月前に申請書フォーマットに必要事項を記載して提出する手続きが必要のようでした。

キコリ
これで、育休申請をするときに必要な手続きが分かったぞ

会社の上司に育児休職の打診

会社内の規定を確認し、嫁にも「育休宣言」を済ませた私は、申請の期限がせまる8月末頃に、上司に相談をしに行きました。

キコリ
すいません、ご相談したいことがあるんですが今お時間よろしいですか?
上司
何だろうか?
キコリ
9月中旬から下旬にかけて子供が生まれる予定なので、育休を取得したいと考えています。
上司
おお!そうか!おめでとう。奥さんと子供は順調か?いつからいつまで育休取るつもりだ?
キコリ
母子ともに元気です!育休は1か月くらい取りたいと思います…業務も重要なフェーズに入りますし、ちょうどフェーズの狭間の1か月は落ち着いているかなと。
上司
そうか!いいぞ!申請期限まで時間がないから早々に申請書を出しておいてくれ
上司の上司
ちょっと待った。育休の申請はするな。

20191019_育休申請するなrogo

上司の上司
育休を取ろうと思っている期間は1か月くらいなんだろう?
キコリ
え、ええ。今の案件はちょうど張り具合が谷間なのでそれくらいで考えてます。
上司の上司
3か月以上の長期で育休を申請するなら休職するほかないが、1か月くらいなら年次有給休暇と在宅を併用してみたらどうだ?当社の在宅勤務の規定では原則「週に1度」だが、上長が認めれば何度でもよいことになっている。もちろん必要な分だけ在宅してもらって構わない。

上司からの提案の背景

私が働いていた会社では、時代の流れもあって「テレワーク」「在宅勤務制度」が導入されていました。

キコリ
一人一台テレワーク端末(薄型ノートPC)が支給されてました!

テレワークとは、パソコンなどITを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方をいいます。テレワークは、労働者にとっては、子育てやしながら、自宅で働くことができるという魅災害や感染症の大流行などが発生した際事業の継続ができるなど、大きなメリットがあります。
出典:厚生労働省|「自宅でのテレワーク」という働き方

直属の上司のさらに上司は、育休関連の社内ワーキングに参加していることもあり、育休利用者の実態やケースについてよく把握されているようでした。

育児休業と年休+在宅の比較表

メリット・デメリットをまとめてみました。

そんな上司の発言の経緯としては、「1か月」程度の育児にかかわる時間の確保であれば、申請や休みの設定が柔軟な「年休+在宅」がオススメとのことでした。
もちろん、年休には年間で取得できる日数に限りがあり、ケガや病気の時にも取っておくことを考えるとすべてを育休のために消費することはできません。
上司いわく、3か月以上など長期間休みたい場合は、育児休職を申請するのが本人にとっては都合が良いのではないか、といったことからの助言でした。

また、会社員であれば軽視はできない「賞与」についても「育児休職」ではなく、「年次有給休暇+在宅勤務」というやり方の方が私にとって都合が良かったです。

通常「賞与」については、各会社が就業規則に規定した算定方法に基づいてそのボーナスの金額が決定します。
育休の場合のボーナス算出

例えばということで、ボーナスの算定を図にしてみました。

当社においても、育児休業中に働いていなかった期間を除算してボーナスの金額を算定する旨が就業規則に書いてありました。

もし、私が育児休業を申請して1か月ちょっと休職した場合、どれくらいボーナスの金額減額されるのかというと、図の通り2割くらい減となります。

キコリ
育休に入って休職扱いの期間が生じる場合、ボーナスが減るということは現実的にありえます!
上司の上司
休職期間を作らずに済む方法があるなら、そちらの方がいいだろう。ボーナスでもらえる金額も減らない方が社員のためだ。
キコリ
なるほど。ありがとうございます。

育児・介護休業や子の看護休暇の期間中に賃金を支払わないこと、退職金や賞与の算定に当たり現に勤務した日数を考慮する場合に休業した期間分は日割りで算定対象期間から控除することなど、専ら休業期間は働かなかったものとして取り扱うことは、不利益な取扱いに該当しませんが、休業期間を超えて働かなかったものとして取り扱うことは、「不利益な取扱い」に該当し育児・介護休業法第10条、第16条及び第16条の4に抵触しますので、制度導入に当たっては留意してください(指針)。

出典:厚生労働省|就業規則における育児・介護休業等の取扱い

キコリ
会社はあくまで働いた期間に対してボーナスを支給するということだね!
上司
会社としては、あらゆる制度を使ってもらって社員の都合のよい方法を取ってもらえればとおもいます!

私が行きついた”育休”の在り方

育休に際しては会社の規定や制度の確認を行い、上司との相談をした結果、以下の方法を選択しました。

”育休”として必要な期間(およそ1か月)を
「育児休職」ではなく
「年次有給休暇」+「在宅勤務」にする

その後、実際に出産から1か月ちょっとの間は、少ないときは週に1回程度の出社のみで、それ以外は年次有給休暇と在宅を組み合わせて「仕事」「妻のサポート」「育児」をして過ごしました。

【As-Is】育休取得前

システム開発の仕事の1週間

育休前の忙しかったころの1週間のスケジュール

上司
システム運用の業務はある程度後任に引き継いでしまってくれ。
キコリ
分かりました!

【To-Be】育休期間中

20191019_育休中の一週間

週一出社とかもう会社いかんでええんちゃうか?(笑)
キコリ
対面でしないといけない打合せもあるからさ、でもお客さんと開発チームにも協力してもらって打合せを金曜に固めてもらったよ。それでも突発の打ち合わせがある場合なんかはテレビ会議でしてもらった!
キコリ
日中に病院や市役所で手続きをしないといけない時は、朝早く始めて午前中に仕事を終えたり、どうしても終わらない場合は、中断して夜にやったりしました。
IT系の仕事はなんでもありなんか…まぁでもママ側として助かったかなぁ

個人的には、“育休”をこのやり方でできて良かったです。

仕事面:抱えてる仕事の進捗を確認したり、緊急度の高い要請について全く対応できないこともなく仕事を細々と継続できたこと
家庭面:出産直後は、保険証を作ったり乳幼児医療証を作ったりと色々平日昼前に時間をさけたこと、妻や赤ちゃんに必要なものの買い物や家事などをする時間を十分に確保できたこと
もちろん、職場の方の協力を仰ぐためにあちこちお願いはしましたが、丸1か月連絡が取れなくなるわけでもなかったので、比較的容易に協力を得られました。
上司の上司
社内的には「年次有給休暇+在宅勤務」でいいが、対外的には「育休中」と言っておけ。名指しの問い合わせや連絡は全て後任に回してもらいなさい。
また、上長からは対外的には「育休中」と公言しておくようにとのことで、社外からの問い合わせも受けることはほとんどありませんでした。
今回、私の場合育休に理解のある上司の下、私にとって大変都合が良い育休にたどり着いたと思います(たぶん)。
仕事や業態によっては、在宅勤務やテレワークいった手法が取れないこともあります。
もし、会社の制度として整っていて、育休を取るか迷っている方がいれば、本記事がご自身の育休の在り方について検討する際の一助となれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
The following two tabs change content below.
20代SE。新潟-青森を経て都内在住。 引越3日前に1人の女性に惹かれ大阪-東京で遠距離恋愛。 出会って1年で結婚後、初めての共同生活。 姉さん女房と仲良く暮らしています。 ブログには結婚や引越などの体験談と共に日々の気づきを綴っています。 写真、動画編集が好きです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする