【写真で分かる】フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)のクーポラの登り方・聖堂内の注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・フィレンツェで綺麗な景色がみたいなぁ…
・フィレンツェのドゥオーモを見て回るには何を調べておけばいいんだろう
・個人で手配調べるのって面倒だなぁ…
・海外旅行ははじめてだから不安だ…

新婚旅行の計画を立てていると、見てみたい世界に近づけるワクワク感と、言葉も通じない見知らぬ土地に行く不安がでてきますよね。

この記事は海外旅行初心者だけど、個人手配でフィレンツェ観光を計画されている方向けに書きました。

【まとめ】この記事で分かること

〇ドゥオーモの基本情報をチェック
・クーポラ登頂と聖堂内は入口が別
・開館時間と状況は公式サイトで確認

事前に調べたこと 
・チケット購入の有無
・予約の有無
・ドゥオーモ観光の所要時間
・クーポラの階段数
・ドゥオーモへの行き方

○出発前に済ませたこと
・フィレンツェ共通チケットの購入
・時刻指定の優先予約
・チケット、バウチャーの印刷

○観光してみての注意点
・クーポラは時間指定予約がないと登れない
・クーポラに登る前にはトイレに行っておこう
・ドゥオーモの壁画をカメラに収めるなら広角レンズがある便利
・クーポラの上り下りは混み合うと大幅に時間がかかる
・聖堂内は過度な露出はご法度
★写真多数で雰囲気がつかめます

キコリ
こんにちは、個人手配で冬のイタリア・フランス2週間の新婚旅行を実行したキコリです

 今回は赤屋根の景観が特徴的で「屋根のない美術館」とも言われる芸術の街「フィレンツェ」のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)について書きました。

 中でもドゥオーモのクーポラは、フィレンツェを代表する観光スポットです。

 私たちも新婚旅行を計画する上で、ドゥオーモは絶対に見ておきたかったスポットでした。

キコリ
旅行代理店で担当の方に聞いてみたり、インターネットで調べてみたり、無事に観光できるよう準備をしてから行きました!

 私たちが出国するまでに準備したことと、現地で観光してみた経験を踏まえ、これからフィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)を観光するために、「これだけ分かってれば観光できた」という目安をまとめました。

スポンサーリンク

フィレンツェのドゥオーモの基本情報

夜のフィレンツェ歴史地区

◆クーポラ
 開館時間:08:30-19:00
 ※土曜日は08:30~17:00
 ※日曜日は13:00~16:00
◆大聖堂
 開館時間:10:00~18:30
 ※土曜日は13:00~16:30
 ※日曜日は13:30~16:45

公式サイト(https://www.ilgrandemuseodelduomo.it/)で開館時間が確認できますので、計画を立てる際は必ずこちらもご確認下さい。

キコリ
改修工事とかでクローズしている場合もあるので要チェック!

所在地

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)は、フィレンツェ歴史地区の主要観光エリアの中心地にあります。

ドゥオーモのみどころ

 私達が新婚旅行でフィレンツェのドゥオーモを見てみたいと思った理由は2つあります。

ドゥオーモのクーポラからみるフィレンツェの街並をみたい

フィレンツェの赤屋根

 フィレンツェといえば赤屋根の風景。フィレンツェの街並みを眺めるためには、ドゥオーモのクーポラかジョットの鐘楼といった高いところに登る必要があります。

キコリ
これですこれ。

キコリ
日本にいたらこんな景色は見られないなと思い、生きてる間に1度は生で見てみたいと思っていました

世界遺産を感じたい

フィレンツェ歴史地区

 ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂]は、「フィレンツェ歴史地区」として、ジョットの鐘楼サン・ジョヴァンニ洗礼堂とともに世界遺産に登録されています。

キコリ
せっかくの新婚旅行、世界遺産をしっかり目に焼き付けたい

細かい歴史は分からないけど、世界遺産は肌で感じてみたいよな

出発前に調べたこと

個人手配でドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)を観光するために調べたことはこちらです。

・チケット購入の有無
・予約の有無
・所要時間
・クーポラの階段数
・行き方

キコリ
海外旅行初心者の私達が個人手配で冬のイタリア・フランス2週間の新婚旅行計画を立てるのは大変だった~

その節はお疲れ様でした、ありがとうございました

キコリ
行きたいところは妥協せずに盛り込んだから調べ物は多かったけど、充実した旅行になったよ

チケット購入の有無

フィレンツェのチケット

引用:https://www.museumflorence.com/ja#

 どこの観光スポットでもそうですが、チケットの購入が必要か調べました。

結論:チケット購入が必要です

 ドゥオーモは1つの建物ですが、建物登頂部「クーポラ」「聖堂内」に入口がそれぞれ分かれています。 

クーポラと大聖堂の入口

引用:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂入口の図

Il Grande Museo del Duomo racchiude il patrimonio storico, artistico, culturale e religioso dell’Opera di Santa Maria del Fiore di Firenze.
引用:ドゥオーモのクーポラの入口の図
https://www.ilgrandemuseodelduomo.it/monumenti/2-cupola

聖堂内は無料で開放されているのでチケットは不要ですが、クーポラに登るためにはフィレンツェ観光の共通チケットの購入が必要です。

 フィレンツェの主要観光エリアであるドゥオーモ周辺には、ジョットの鐘楼やサン・ジョヴァンニ洗礼堂と行った歴史的建造物が並んでいます。

 これらの観光スポットが1つの共通チケットで観光出来るようになっているので、フィレンツェの観光をするなら、この共通チケットが必須になります。

 オンラインでチケットを購入する場合は、公式サイトから購入できます。

チケット価格:18ユーロ
※オンラインで購入する場合、手数料として2ユーロ追加でかかります

キコリ
当日現地で購入するよりもオンラインで済ませた方が楽ですし、クーポラを登頂するのであれば、時刻指定の優先入場予約も必要になるので、早めにオンライン予約をしておくのがオススメです
私達は新婚旅行2か月前に共通チケットとクーポラの時刻指定の優先入場予約を済ませておきました。

予約の有無

 チケット購入と併せて確認したいのが、観光における予約の有無。

キコリ
出発前に済ませられる予約は全部してから行こうのスタンス

 調べてみると、ドゥオーモのクーポラに登るためにはチケットの購入に加えて、時刻指定の優先入場予約が必要なようでした。

 Mandatory time booking to access the Dome; booking is strictly nominative and must be made contextually to the tickets purchase.

引用:チケット購入公式サイト|https://grandemuseodelduomo.waf.it/en/cumulative-ticket-great-museum-of-the-cathedral-of-florence#

キコリ
公式サイトには、ドゥオーモのクーポラにアクセスするには、時間予約必要ですって感じなことが書いてありました
あんたそれ、旅行代理店の人に教えてもらったから気づいたやつやん

所要時間

 観光の計画をする上で、所要時間がどれくらいかかるのか調べました。

 所要時間の内訳は「クーポラへのアクセス(20〜25分)」+「クーポラの見学(20〜25分)」+「クーポラから地上へのアクセス(20分)」で、おおよそ1時間ほどです。
 クーポラの展望フロアを見学するには、463段の螺旋階段を上り下りする必要があります。このクーポラの単純往復だけでも所要時間40分~50分くらいは見ておいた方がいいです。

出典:Amazing TRIP|ドゥオーモ クーポラ チケット予約・購入方法を徹底解説

登るのに必要な時間は、約30分★つまり往復1時間ほど見て下さい。

ここは混雑しまくるので、入場ゲート前に並ぶだけで1時間かかることもしばしば…そして登る際にも、混雑次第では人が詰まって
自分のペースで登れないので、混雑次第では所要時間もかなり変わってきます。

出典:よねの旅ブログ|フィレンツェドゥオモとジョットの鐘楼を登る為の所要時間と料金は?

昇るのは30分あれば充分と思います。
上でどのくらい時間を過ごすかで所要時間は変わります。
クーポラの上部は昇る人と、下る人が同じルートを通るので
混でいるときは渋滞すると思います。

出典:4travel.jp|クーポラとジョットに登るおおよその所要時間

 調べた感じ、クーポラの登頂には往復1時間くらいが目安なようでした。

 とはいえ、クーポラ登頂の際には、通路が狭く、多くの人でつっかえることから時間がかかりそうな印象でした。

キコリ
私達の場合は”1時間”くらいかかるとして、新婚旅行4日目の14:00~15:00の枠にクーポラの登頂を盛り込んだよ

行き方

フィレンツェのS.M.N駅からドゥオーモまでは、徒歩15分~20分くらいの距離にあります。

キコリ
私たちの場合は、駅前のホテル「デレナッツオーニ」に宿泊していたので、おおむね徒歩で15分でいけると見込んでいました
全然歩いて行ける距離だな

出発前に済ませたこと

私達が出発前に済ませておいたことはこちらです。

・共通チケットの購入
・優先予約の申込
・チケット、バウチャーの印刷

共通チケットの購入

共通チケットの購入はオンラインで済ませておきました。

キコリ
チケットの購入は、旅行代理店にお願いすることもできますが、申込フォームの内容はそこまで難しくなかったので、自分たちで申込ました

共通チケット

事前に購入した共通チケット

公式ホームページから購入をすると、メールで上の写真のようなチケット(A4サイズ)のPDFファイルがお送られていきます。

キコリ
これがチケットの代わりになります

バーコードは入口でゲートにかざすためについているので、印刷後に汚したりしないようにね!

時刻指定の優先予約

クーポラに登るためには、事前の優先入場予約をしておく必要があります。

キコリ
公式サイトのチケット購入画面に、優先予約の空いている時間枠から希望の入場時間を選ぶ画面があります!

クーポラのチケット

14:00に優先入場するためにチケットなので、赤字で時刻が記載されていました

チケット、バウチャーの印刷

メールで送られてきたPDFデータのチケットをA4の紙に印刷して準備しました。

 また、ロストバゲージが起こったことも考えて、チケット類は全て2つずつ印刷して、お互いが持ちあって新婚旅行へ出発しました。

ロストバゲージとは?
 空港で預けた荷物が紛失すること。
 海外旅行では紛失する確立もあがるそうですが、ターンテーブルでのピックアップ誤りや、搬入時のミスなので発生します

 最悪、片方の荷物が紛失してもチケットさえあれば観光が継続出来るようにしておきました。

キコリ
荷物がなくなったら旅行どころじゃないかもしれないけどね…

海外の空港さ、荷物の取扱の雑さ凄かったもん

当日の観光レポート

 新婚旅行4日目、イタリア周遊2つ目の都市フィレンツェを訪れた私たちが、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の「クーポラ」に登ってみた時の様子と「聖堂内」を観光した感想を書きました。

 新婚旅行4日目は、フィレンツェの玄関口S.M.N駅前に宿泊していたホテルを早朝に出発しました。

 午前中は、「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」「ジョットの鐘楼」の王道観光スポットを観て回り、ドゥオーモのクーポラは午後からの予定でした。

キコリ
サン・ジョバンニ洗礼堂とジョットの鐘楼の観光レポートも良かったらみてくださいね

今回は、個人手配の新婚旅行でフィレンツェへ訪れた際に観光した「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」について、まとめました。事前に調べたことと、...
今回は、個人手配の新婚旅行でフィレンツェへ訪れた際に観光した「ジョットの鐘楼」について、まとめました。事前に調べたことと、実際に観光...

13:30 ドゥオーモのクーポラ入口

クーポラの入口

 事前に優先予約していた時間帯に、ドゥオーモのクーポラ入口へやってきました。

 14:00からの回だったので余裕をもって列に並びましたが、結構混みあっていました。

ドゥオーモのクーポラの入口の図

引用:ドゥオーモのクーポラの入口の図 https://www.ilgrandemuseodelduomo.it/monumenti/2-cupola

ドゥオーモの大聖堂とクーポラ登頂への入口は別なので注意が必要です。

 僕たちの前に並んでいた観光客グループの人たちは、入口の係員に共通チケットを見せていたけれど、「時刻指定の優先入場券がないとダメだ」って言われていたせいか少し揉めた後に追い返されていました。

キコリ
フィレンツェカード (共通チケット)だけでクーポラに登ろうとしてたんだろうね

係員のおじさんがけっこう怖そうなオジサンだったからひやひやした

キコリ
繰り返しですがクーポラの事前予約は必要です!

  入口に通されると、セキュリティチェックがあります。カバンの中と身体中を金属探知機で調べられます。 

14:10 クーポラ登頂開始

クーポラの階段

 チェックを無事すると、階段が見えてくるのでひたすら登ります。

 ジョットの鐘楼の階段に比べると1段1段が低く、比較的歩きやすい印象でした。

 階段を登っていくと、途中で聖堂内部にでます。内側を覗き込むと大聖堂の天井と講堂が一望できます。

クーポラの中間地点

ちょっとボケてしまってますが…

天井の壁画

よく見ると柵の画を飛び超えるような遠近法を使った立体的な表現などが見て取れますね

天井には、見ごたえのある壁画があるのですが、天井までの距離が近いので、写真に収めようとするなら広角レンズがあると良いですね

14:20 階段後半戦

クーポラへ続く通路

怪しい雰囲気がでていますね~

 聖堂内に出ている渡り廊下を半周したところにクーポラの階段が出現してきます。

 そこからひたすら階段を登っていくのですが、ここからの階段が急に暗く狭くなっていきます。

クーポラの階段02

 

キコリ
ハリーポッターにでてくるお城のような雰囲気の階段がけっこう続きました

クーポラの階段03

 クーポラ上部に近くなって行けば行くほど、狭くなっていきます。

 階段はらせん状の登っていくところが多いですが、途中で建物の構造上、かなり急になっているところは人工的な階段を進んでいくところもありました。

クーポラの階段04

途中、窓からジョットの鐘楼の頭が見えました。

けっこう高いところまで来たんだね~
キコリ
もうちょっとで頂上かな

14:30 クーポラ登頂部

クーポラの眺望1

 無事、階段をエリアを抜けるとお目当ての景色が広がるクーポラに到着します。

クーポラからの眺望2

ジョットの鐘楼を見下ろす

クーポラでは、ジョットの鐘楼と赤屋根の景色が一望できます

クーポラからの眺望

ジョットの鐘楼がよく見える場所

Goproを使うと眼科の街の世界も一緒に撮れますね

キコリ
キター!憧れの地「フィレンツェ!

ジョットの鐘楼に比べて柵が低く、解放的です。

景色を含め、自撮り写真も取りやすいので、ジョットの鐘楼かドゥオーモのクーポラの片方しか登らないと悩む場合は、クーポラをオススメします

ずっと見たかったフィレンツェの街並み、けっこう感動しました。

ドゥオーモから見下ろすジョットの鐘楼も素敵

キコリ
ずっとここに居れるなーと思いました(笑)

15:00 クーポラから地上に戻る 

クーポラからの下り通路

クーポラからの下り通路

20分~30分ほど景色を堪能して、地上に戻ることにしました。

 クーポラは下りがめちゃくちゃ大変。

キコリ
混雑する時間帯だったようで、下りの列が全く進みません(笑)

 最も狭いところは本当に1人しか通れない場所があるので、登る人と降りる人がお互い譲り合いながら下りないと行けません。

 言葉の通じない海外旅行者同士、我先にクーポラに向かおうという人が多いので、下りの人の列がなかなか進みませんでした。

クーポラの混み合いポイント

クーポラ内の通路にて

 せまい通路内で行列に並んでいる状況は、尿意とかをもよおしてしまったり、体調が悪くなってしまったりしたら最悪だなと、並びながら思いました。

クーポラに登る前には、必ずトイレも済ませておいた方がいいでしょう
私達もつかったトイレがつかえるカフェはこちらの記事で紹介しております。
今回は、フィレンツェ滞在中に訪れた日本語メニューがあって、トイレも使える海外旅行初心者にも優しいカフェ「リヴォワール」のご紹介を私達...

15:40 地上に到着。聖堂内へ

 クーポラから降りてくるのに40分近くかかりましたが、なんとか降りてこれました。

 続いて、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂へ行くため、入口に向かいましたが、こちらも15時台は混み合うようで、結構並びました。

聖堂内の入口に到達するまでに20分近く並んでいたかと思います。

 

キコリ
クーポラの上り下りでけっこう脚も疲れて来てました

 

なんせ朝からジョットの鐘楼登って、ベッキオ宮殿見てからのクーポラ登頂だからね、

キコリ
体力をめちゃくちゃ使う行程を組んでしまった…

 入口に到達すると、再びセキュリティチェックを受けます。

 聖堂は無料で入れるので、チケットの確認はありませんが、カバンの中と金属探知機のチェックがあります。

私達が訪れた冬場はそこまで気にする必要はありませんでしたが、聖堂内は過度に露出した洋服はNGのようですのでお気を付けください。
クーポラの注意書き

英語やイタリア語が分からなくても図でなんとなく伝わります

冬の場合は、ニット帽などをかぶっていると外すように言われたりもするよ

 ドゥオーモ内は、ローマのバチカン市国のドゥオーモのように天井が高く解放的です。

 ステンドグラスがキレイで、とても趣を感じる空気感でした。

大聖堂内部

聖堂の雰囲気

聖堂内部

天井がだいぶ高く感じますね

ドゥオーモのステンドグラス

ドゥオーモの上部のステンドグラス

 ドゥオーモの中には、ロウソクと共に祈りを捧げる場所があります。

祈りを捧げる場所

ロウソクが灯っていてキレイ

 1ユーロ~2ユーロ(気持ちの分)を収めてから、ロウソクに火をともして祈りを捧げることができます。

寄付金入れ

いくらか寄付して下のローソクを使います

ロウソクをともす

ロウソクを灯し、祈りを捧げてきました

私もせっかくなのでやってみました!

キコリ
普段祈りを捧げる機会もないから、なんだか背筋がピンと伸びました

 以上、フィレンツェの名所サンタ・マリア・デル・フィオーレ(ドゥオーモ)の観光レポートでした。

 歴史の重みや神聖な空気感を味わい、世界遺産の偉大さを身体で感じ取ることができた観光になりました。 

【まとめ】この記事で分かること

〇ドゥオーモの基本情報をチェック
・クーポラ登頂と聖堂内は入口が別
・開館時間と状況は公式サイトで確認

事前に調べたこと 
・チケット購入の有無
・予約の有無
・ドゥオーモ観光の所要時間
・クーポラの階段数
・ドゥオーモへの行き方

○出発前に済ませたこと
・フィレンツェ共通チケットの購入
・時刻指定の優先予約
・チケット、バウチャーの印刷

○観光してみての注意点
・クーポラは時間指定予約がないと登れない
・クーポラに登る前にはトイレに行っておこう
・ドゥオーモの壁画をカメラに収めるなら広角レンズがある便利
・クーポラの上り下りは混み合うと大幅に時間がかかる
・聖堂内は過度な露出はご法度

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
20代SE。新潟-青森を経て都内在住。 引越3日前に1人の女性に惹かれ大阪-東京で遠距離恋愛。 出会って1年で結婚後、初めての共同生活。 姉さん女房と仲良く暮らしています。 ブログには結婚や引越などの体験談と共に日々の気づきを綴っています。 写真、動画編集が好きです。